読みたい時にすぐ読める!を実現した本のサブスクビジネスにおけるeKYCの有効性 eKYC導入事例

読みたい時にすぐ読める!を実現した本のサブスクビジネスにおけるeKYCの有効性

株式会社Swandive  代表取締役:吉村 恭輔さん 2019年9月にローンチした「定額で毎月読みたい本をお届けする『shelff』」カンタンeKYCツール「ProTech ID Checker」がもたらした最高のUXとは? ユーザーの「本を読みたい!」という衝動が消えない間に本人確認をするにはe…
カンタンeKYCで約1週間かかっていた本人確認が即日で完結! コロナ禍のユーザーニーズにすばやく対応したことで業績が回復 eKYC導入事例

カンタンeKYCで約1週間かかっていた本人確認が即日で完結! コロナ禍のユーザーニーズにすばやく対応したことで業績が回復

株式会社リアルスタンダード  藤本 実加さん 買取専門リユースショップ「BANSO(バンソー)」を運営する株式会社Real Standard(リアルスタンダード) オンライン本人確認で実現させた、安心・安全な新しい宅配買取のカタチとは? コロナ禍で外出を控えたいお客様のニーズをオンライン本人確認で解…
オンライン本人確認 【eKYC】の現状と今後 eKYCの解説

オンライン本人確認 【eKYC】の現状と今後

犯罪収益移転防止法改正後の影響と効果 本稿では新技術であるFinTechにより起こる新しい産業を育成し、国際的な経済の変化をキャッチアップしていきます。経済産業省や財務省が描くFinTechのグランドビジョンと並行して進められるのが金融庁、警察庁、財務省、国家公安委員会が主導で進める新たな「犯罪収益…
ドコモ口座への不正出金に学ぶ本人確認の注意点 時事問題

ドコモ口座への不正出金に学ぶ本人確認の注意点

ドコモ口座の不正出金について 連日、ドコモ口座の不正出金についてのニュースが取り沙汰されている。 この不正による被害は、全国の11の銀行で120件、被害額は2542万円に及んでいる。(9月14日午前0時時点) 事件を知ったとき、ドコモは使っていないから関係ないと思った人も多いかもしれないが、実際には…
WEB取引の不正対策 eKYCサービスの導入ポイント徹底解説 ~認証編~ 不正対策

WEB取引の不正対策 eKYCサービスの導入ポイント徹底解説 ~認証編~

本人確認をした当人が意思を持った行動か。 本人確認(身元の確認)をおこなったあと、後日継続的な取引きがある場合、確認をした人物(当人)が意思をもって取引を希望し、申し込みをおこなっているかを確認する必要があります。 では本人確認後の取引時認証はどのような視点で対応すればいいのでしょうか? 本人確認後…
WEB取引の不正対策 eKYCサービスの導入ポイント徹底解説 ~法律編~ eKYCの解説

WEB取引の不正対策 eKYCサービスの導入ポイント徹底解説 ~法律編~

#セキュリティ はじめに 金融機関やクレジットカード、携帯電話業界などで、にわかに広がるオンライン本人確認(eKYC)。普及の背景には特定取引時の本人確認人に関連する法「犯罪収益移転防止法」の改正があります。 今回は「犯罪収益移転防止法」の改正ポイントと対応するオンライン本人確認(eKYC)の導入ポ…
~不正利用の手口と本人認証に潜む落とし穴~eKYCを用いた最新対策を徹底解説 eKYCの解説

~不正利用の手口と本人認証に潜む落とし穴~eKYCを用いた最新対策を徹底解説

はじめに 昨今オンライン決済事業を狙った不正取引が多発し、ニュース等でも取りざたされています。こういった不正取引の原因として、本人確認の不十分さが取り上げられていましたが、「本人確認」以外にも「身元確認」や「当人認証」という一般にはあまりなじみのない表現も利用されるようになりました。ではこれらは何が…